現 会長メッセージ

【 合 言 葉 】

コミュニティは、

あ ・・・ 遊び

た ・・・ 体験

ま ・・・ 学び

で ・・・ 出会い

す ・・・ 素敵な

か ・・・ 感動

森岡 万朱衣(もりおか やすえ)
1955年生まれの還暦1年生、子ども3人、もうすぐ孫4人(会長就任時)

プロフィール

  • 平成9年6月・・・コミュニティ団体の一員として設立総会に参加する。
    (何も分からず二男のスポーツ少年団として参加はしたものの、会長の熱弁にびっくりし、「何という熱意の有る団体か」と思う。何故か役員でもないのに?み会には誘われる。)
  • 平成10年4月・・・広報企画部会副部会長となる。
    (一年間スポーツ部会で活動をしたのに、どうして広報部会??頭を使うより体を使う部会の方が向いているのに会長の申し出で断れず、入ってしまう。何と優柔不断!)
  • 平成11年7月・・・ふれあいセンター建設の為のワークショップに参加。
  • 平成13年4月・・・ふれあいセンターオープニング部会ステージ発表を担当&「楽田の歌」の作曲をする。
    (CD500円で販売をし、備品修理代や購入費に充てる)
    (10:00~20:15の間で33団体が発表。一団体15分間隔・・。三味線・詩吟・ウクレレ・若者のバンド・民謡・手品・鳴子・和太鼓etc。楽田は芸達者な人が多い町だと知る。私もその一人。素晴らしい!!)
  • 平成13年4月・・・ふれあいセンター「音楽スタジオの部屋」の担当をする。
    (楽器は壊れる、無くなるが頻繁。すぐ呼び出しの上、修理代は私持ち。何とかしなくては・・・。)
  • 平成14年12月・・・ペットボトルで6mの巨大サンタを作る。
    (誰からも作れないと言われ、夜な夜な家で作る。組み立てる時には「ようやった!ようやった!」と言われ、新聞に掲載されたが、知られたくない私の年齢は載っていたのに、私だけ姿が写っていない!どうして~?!)
  • 平成15年8月~・・・「夏まつり」でのイルミネーション担当。
    (音・光・水をテーマに音楽に合わせイルミネーションファンタジーを担当。5年前からは花火と音のコラボ。今は、だんだん年を取り、案が浮かばない。)
  • 平成17年4月・・・「愛知万博」でコミュニティの活動発表の企画をする。
    (寸劇、歌、仮装、クイズを交え観客の皆さんから笑いを独占)
  • 平成19年4月・・・広報企画部会から広報渉外部会と変わり部会長となる。
    (活字ばかりの広報誌では、だれも見てくれない!外国籍の家族の紹介、季節の料理
    ふれあい伝言板等を取り入れ、多くの住民に情報を提供する。)
  • 平成22年4月・・・楽田地区コミュニティ推進協議会の副会長に昇進。
    (見かけは多少女に見えるものの、みんなは女として扱ってはくれない。できる事なら来性は、男に生まれたい。)
  • 平成26年8月・・・ふれあいセンターでダブルワークを始める。
    (市からの委託とはいっても、管理人は行政の管理のもと働いていた。いつの間にかセンターは、不良グループのたまり場となり、子どもも、住民の人も来なくなっていた。センターに入ってみるといろいろな改善・改良が必要と思い、夢にまで出てくる始末。)
  • 平成27年4月・・・ふれあいセンター長となり、コミュニティ副会長と兼任。
    (今では、年間来館者数10万人のセンターとなる。管理人の名称を変え、管理スタッフとする。8名のスタッフの内、大学生が3人!やはり、若い人は良い!覚えも良いし、敏速に対応ができる。)

 

最後に

未だに仕事3割、ボランティア7割の生活ですが、楽田コミュニティが好き!

子どもが好き!人が好き!そして、ふれあいセンターが大好きです!

でも、いつまで居座るつもりでしょうか?そろそろ隠居も考える年になりました。
引き際が肝心!百恵ちゃんのように。

皆さんには、お世話をおかけすると思います。とにかく 楽しく ハラハラドキドキ な コミュニティを目指したいと思います。

よろしくお願いいたします。